美容室におすすめの顧客管理アプリ・システム5選|顧客情報記録のコツ

開業・経営

美容室における業務のなかで大きな負担となりがちなのが、顧客情報の管理です。お客様ごとの詳しい情報を蓄積しておくには、どういった方法を採用すれば良いのでしょうか。効率の良い情報管理を目指すなら、アプリ・システムの利用がおすすめです。今回は、美容室で顧客管理をするメリットやコツ、管理ツールの種類、おすすめアプリ・システムについてご紹介します。ぜひ自店舗に合うものを探してみてください。

美容室で顧客管理を行うべき理由

顧客管理には手間やコストがかかるものの、多彩なメリットがあります。まずは、美容室にて顧客管理をするべき理由を確かめておきましょう。

既存のお客様のリピート率アップにつながる

美容室で顧客管理を行うと、来店したお客様の情報を蓄積できます。来店頻度、施術内容、髪のクセ、会話した内容など、詳細な情報をもとに、お客様の好みや傾向を踏まえた接客をすることも可能です。結果として満足度アップにつながり、再び利用したいと思うお客様が増える効果が期待できます。

お客様一人ひとりに合ったサービスが提供できる

顧客管理はお客様一人ひとりに対して行うのが一般的です。管理した情報をもとに、特定のお客様に合ったサービスを実施することができます。すべてのお客様に同じサービスを提供するよりも、効果的な施策を打ち出すことが可能です。お客様の誕生月にバースデークーポンを送る、最後の来店から一定期間経過後にダイレクトメッセージを送るなど、顧客ごとの状況に応じたサービスを提供しましょう。

美容室で顧客管理を行うコツ

顧客管理を行う際は、データの収集方法だけではなく、活用方法についても考慮しておくことが大切です。こちらでは、美容室における顧客管理のコツをご紹介します。

誰が見ても分かりやすい内容にする

顧客管理の主な目的は、お客様の情報を従業員全体で共有することです。情報共有しておけば、美容室全体でお客様の要望に応えることができ、手厚い接客対応につながります。施術担当者以外にも情報が行き届いていることが大事です。

手軽に記録しやすい形にする

顧客情報は手軽に記録しやすい形にすることがおすすめです。記録作業の負担が大きいと、顧客管理の継続が困難になります。手早く記録できる形式のほうが、作業負担も軽くなるでしょう。

美容室で顧客管理を行うツール

顧客管理の方法には、いくつかの種類があります。それぞれのメリット・デメリットを把握しておきましょう。こちらでは、美容室における主な顧客管理ツールの種類をご紹介します。

紙のカルテ

所定の紙に必要な顧客情報を書き込む方法です。専用のフォーマットが印刷された用紙を使うケースが多く見られます。手書きのため記入の自由度が高い点がメリットです。

ただし、紙を使ったカルテでは量が増えるとかさばるのが難点といえます。整理整頓をしておかなければ、必要なときに顧客情報を探し出せません。丁寧な管理が不可欠ですが、場合によっては負担が増えてしまうこともあるでしょう。

表計算ソフト

PCなどに搭載されている表計算ソフトのシートを使って記録する方法があります。表計算ソフトの機能で並び替えや計算もできます。工夫次第では、記入にかかる手間を減らせるでしょう。ただし、記入用のシートを一から作成する場合は労力がかかります。スタッフのパソコンスキルによっては、使いこなせないケースもあるかもしれません。

顧客管理アプリ・システム

顧客管理機能を搭載したアプリやシステムを使う方法があります。PCやタブレットにインストールして使う場合が多く、操作に慣れている端末を選ぶこともできます。

顧客管理アプリ・システムには、顧客管理に特化した機能が搭載されています。顧客情報の入力機能、検索機能、来店履歴閲覧機能、写真・メモの登録機能など、アプリによって内容はさまざまです。情報を手軽に管理し、業務を効率化したいときは顧客管理アプリやシステムの利用がおすすめできます。

こちらの記事も参考にしてみてください。

美容室で使えるおすすめの顧客管理アプリ・システム5選

顧客情報は、POSレジを活用することで効率的に収集・管理できます。最後に、美容室向けの機能が揃ったアプリ・システムをご紹介します。

ユビレジ

ユビレジは、iPadにインストールして使えるPOSレジシステムです。基本となるレジ機能に加え、多彩なデータ管理機能を搭載しています。一人ひとりの顧客データを写真付きで登録する顧客管理システムも充実。名前や誕生日、住所などの基本事項を手軽に登録できます。会計と紐づけて、これまでの利用履歴の把握も簡単に行えるようになります。どんなメニューを依頼したか、どういったオプションを追加したのか、何回来店したのかなどを残しておけるため、接客時に便利です。自由に内容を追記できるメモ欄もあります。また、タグを事前登録しておけば、お客様の属性ごとにデータを管理可能です。年齢や性別など、データをグループ分けすることで、売上分析も効率良く行えるでしょう。そのほかにも、予約管理システムとの連携や、リアルタイムでの売上分析機能など、サロン経営に役立つ機能が揃っています。興味がある方は、ぜひ無料お試しプランを活用してみてください。

Square POSレジ

Square POSレジは基本機能を月額無料で使えるPOSレジシステムです。iPad端末のほか、iPhoneやAndroidなどのスマホにもインストールして使用できます。顧客情報はPOSレジにて登録し、一括管理可能です。すでにSquareに登録していた顧客情報をアップロードして使うこともできます。また、スタッフごとに権限を変更し、顧客リストへのアクセスを制限することもできます。お客様情報はリーダーのみ編集可能にし、ほかのスタッフは閲覧のみ可能、といった設定も簡単です。ほかにも、自動顧客登録やスマートグループ作成機能など、顧客管理に役立つ機能が取り揃えられています。気になる場合はお試しで導入し、操作感を確かめてみると良いでしょう。

Bionly

Bionlyは、美容室やサロン専用としてリリースされたPOSレジシステムです。iPadにインストールして使えます。電子カルテには手書きの画像も保存でき、一人ひとりのメニューを素早く閲覧可能です。お客様の利用履歴や予約情報などもカルテ上で確認できます。同一のお客様に対して複数の電子カルテを作成した場合は、両者の情報を統合できる点もメリット。簡易版のポイント付与機能や電子同意書なども活用できます。気になる場合は問い合わせて、利用料金や導入の流れを確認しましょう。1カ月間の無料トライアルも利用可能です。

LiME Salon

LiME Salonは、iPadやスマートフォン、パソコンなどの端末で利用できるPOSレジです。スタイリストごとに担当している顧客情報を管理できます。通常利用料金はかからず、予約表作成や売上レポート閲覧などが利用できます。すべての機能を使いたい場合は、有料プランを申し込みましょう。また、カルテ管理をより効率化したいならスマホアプリ「LiME」との併用もおすすめです。LiMEアプリがあれば、スマートフォンから予約管理やカルテ閲覧などができます。LiME Salonと連動させられるため情報共有もスムーズです。気になる方は専用のLINEアカウントにて気軽に相談してみましょう。

A’staff(エースタッフ)

A’staffは、サロンワークに役立つ機能が充実したPOSレジです。基本的にパソコンで使えます。小規模サロン向けで、クラウドPOSレジ「A’staff Cloud」も登場しています。電話・ネット予約の一元管理や、収集した顧客データでの売上分析、ポイントカードや回数券の管理なども簡単です。大手の予約サイトと双方向に連携し、予約状況を自動で反映させることができます。ほかにも、勤怠管理システムや在庫管理システムなどが基本機能に揃っています。オプションとして、集客システムやiPadサブ端末の利用なども可能です。まずは電話やメールで問い合わせて、詳細を確認してみましょう。

美容室の顧客管理効率化のためにPOSレジを活用しよう

美容室には多数のお客様が訪れます。顧客管理をすることで一人ひとりに合わせた方法での集客が可能となり、リピーター増加も期待できます。ぜひPOSレジを使って効率的にデータ収集・管理しましょう。できる限り自動化を進めることで、従業員の負担を減らして業務効率化も図れます。これからPOSレジの導入を行う場合は、美容室をはじめ、各種サロンにて導入されているユビレジもご検討ください。

ユビレジ導入事例

美容室Matsuzaki 様

『小さなサロンだからこそ、ユビレジが戦力となり仕事に集中できています。』

  https://ubiregi.jp/case/articles/biyoushitsu-matsuzaki

【関連記事】