レジで打ち間違いが起こる原因は?会計のミスを減らす方法

開業・経営

レジ業務で起こりやすいミスのひとつにレジの打ち間違いがあります。金額の桁を1つ少なく打ってしまった、値段を見間違えて異なる金額を入力してしまったなど、原因はさまざまです。レジの打ち間違いが起こると現金過不足の原因になり、差額の返金処理やマイナス計上などの処理に時間を取られます。お客様からのクレームに発展した場合は、状況に見合った対応をする必要もあります。業務の妨げになる打ち間違いを減らすため、会計ミスの対策方法を確かめておきましょう。今回は、レジの打ち間違いが起こる原因や、ミスを減らす方法などをご紹介します。

レジの打ち間違いが起こる原因

プレミアムフライデーに悩む人

レジ業務でのミスには、いくつかの原因が考えられます。なぜミスが起こるのかを把握した上で、対処法を練りましょう。こちらでは、レジの打ち間違いが生じる主な理由をご紹介します。

店員のスキルが不足している

レジの打ち間違いは、業務に不慣れな人が起こすミスが原因となるケースが見られます。勤務を始めて間もないアルバイトやパートは、レジ業務の経験が浅いことも珍しくありません。レジの操作を覚えるには時間がかかることもあるでしょう。操作に不慣れなうちは、打ち間違いが生じるリスクも高いと考えられます。

また、操作を覚えても、実際の現場で使いこなせるようになるには訓練が必要です。経験を積む段階で失敗が生じることもあります。

混雑で業務負担が大きくなっている

店舗によるものの、レジ担当者がこなさなければならない仕事内容は多岐にわたります。商品情報の入力、金額の計算、値引き処理、ポイントの付与、代金やレシートの受け渡しなどを、すべてを円滑に行う必要があります。店によっては、レジ袋へ商品を詰める作業もあるでしょう。これらの業務を接客しながらスムーズに行うのは大変です。

レジが混雑していると、いつも以上にスピーディーなレジ処理が求められます。忙しいときほど落ち着いた対処が求められますが、お客様を待たせてしまうために焦りが生じることも。急いでレジ処理をこなそうとするあまり、ミスを引き起こしてしまうケースもあるようです。

レジの機能に問題がある

レジのミスは、スタッフばかりが原因となるわけではありません。レジの使いにくさが打ち間違いを引き起こしているケースもあります。

例えば、入力処理が複雑なレジは打ち間違いが増えることがあります。手入力で商品情報や預かり金額を打ち込むレジのように、自動化できない部分があるとヒューマンエラーが起こりやすくなるはずです。また、数字を入力するキーが近すぎるレジだと、正確な数字を押しにくいため、打ち間違いが生じることがあります。実際に使う人のことを考えたレジを導入することが大切です。

複数の人から打ち間違いが頻発したときはレジを見直す必要があるでしょう。操作が簡単なレジを導入することにより、ミスを減らせるかもしれません。

レジの打ち間違いを減らす方法

レジの違算があると、たとえ少額だったとしても処理に時間を取られます。打ち間違いそのものを減らす努力が大切です。

指導体制や方法を見直す

レジ打ちが不慣れなことがミスの原因となる場合、レジ業務に関する技術が身に付けば、打ち間違いは少しずつ減っていくはずです。ただし、レジ打ちのスキルを覚えるまでには時間がかかります。不慣れな店員でも、レジの打ち間違いが起こらないような体制を整えることが望ましいといえます。新人が業務に慣れるまでは経験豊富な店員がサポート役にまわる、研修期間を長めに取るなどの方法で、できるだけ対策していきましょう。

指導体制が整っている環境は離職の低下にもつながりやすいといわれています。長く働いてくれる従業員を獲得するためにも、万全のフォローを心がけることがおすすめです。

業務マニュアルを作り直す

レジの業務マニュアルの内容に不足があると、レジ打ちの確認作業の基準がバラバラになるおそれがあります。確認事項をマニュアルに記載して、すべての人に同じチェックをしてもらうよう促しましょう。事前確認をしっかり行うことで打ち間違いにも気づきやすくなります。

また、作り直したマニュアルを従業員に見てもらう機会を用意することが重要です。レジを担当するスタッフ全員がマニュアルの内容を確認できるように徹底しましょう。

使いやすいレジに買い換える

打ち間違いが頻発している場合、従業員はレジが使いづらいと感じている可能性があります。使いやすいレジを採用することで操作ミスの減少が期待できるでしょう。新しく導入するなら操作性に優れたPOSレジがおすすめです。入力作業も極力少なくなっているものが多く、打ち間違いのリスクを軽減できます。

加えて、お金の受け渡しミスを防ぐため、キャッシュレス決済や自動釣銭機などの導入も検討すると良いでしょう。キャッシュレス決済とは、現金を使わない決済方法のことです。会計時にはクレジットカードや電子マネーなどで支払いを済ませます。自動釣銭機があれば、機械を使って正確な金額のお釣りを出すことができます。お札や小銭などをミスなく受け渡せるようになるでしょう。

POSレジで打ち間違いが減らせる理由

上述の通り、レジの打ち間違いを少なくするために有効なのがPOSレジの導入です。POSレジには、どういったメリットがあるのでしょうか。最後に、POSレジによって打ち間違いを軽減できる理由を解説します。

直感的に操作できる

POSレジはタッチパネルが併設されていることが多く、画面を触るだけで商品の入力や選択ができる点が魅力です。テンキーを使う機会が減ると、その分、金額の打ち間違いが起こりにくくなります。

ただし、POSレジによって操作画面は異なります。導入前に実際に操作する機会を設けることがおすすめです。無料体験ができるPOSレジを探し、使い心地を試してみましょう。

【参考記事】

商品情報を登録する機能がある

POSレジでは、商品と値段をあらかじめ登録しておくことができます。事前に登録しておけば、商品と個数を選択するだけで合計金額を出せるため、レジに情報を入力する回数が減ることがメリットです。入力回数が減ればミスをする可能性も低くなるでしょう。

バーコードの読み取り機能で情報を自動入力できる

POSレジと専用のリーダーを連携させれば、商品のバーコードを読み取ることができます。リーダーがバーコードから商品の情報を読み取ってレジが合計金額を集計してくれるため、値段を手打ちしなくても商品の合計金額を出せます。入力が必要な作業を減らすことで、ミスの防止につながるでしょう。

【参考記事】

操作が簡単な「ユビレジ」で打ち間違いを減らそう

レジ業務は、スーパーやコンビニ、飲食店など、幅広い店舗で必要とされています。打ち間違いを少なくするためには、従業員教育の徹底やフォロー体制の確立などの対策が有効です。レジそのものの使い勝手が悪い場合は、操作が簡単なものへ変更することもおすすめできます。

操作性の良いPOSレジをお探しなら、ぜひ「ユビレジ」をご利用ください。ユビレジはiPadにインストールして使えるPOSレジアプリです。直感的に使える画面表示が特徴で、スムーズに操作を覚えられます。操作が不安な場合は、導入時に操作講習をご利用いただけます。また、バーコード読み取りやキャッシュレス決済などにも対応しているほか、商品情報一括登録など、多彩な機能を搭載していることも特徴です。メールや電話などのサポートも充実しているため、安心して使い続けられます。詳細については、ぜひお気軽にお問い合わせください。