レジ締め作業とは?POSレジを使って閉店後の業務を素早く効率的に

開業・経営

レジ締め作業は、店舗の売り上げを適切に管理するために欠かせない業務のひとつです。ただし、作業の性質上、ミスが生じやすく、担当者の拘束時間が長くなりがちなデメリットもあります。レジ締め作業を効率的にこなすためには、内容を工夫することが大切です。POSレジの機能も駆使して、スムーズなレジ締め作業を実現しましょう。今回は、レジ締め作業の基本的な知識や、ミスを防ぐためのポイント、POSレジを使用するメリットなどをご紹介します。

レジ締めの作業とは

営業時間の区切りに行われるレジ締め作業。売り上げを数えるだけではなく、店舗経営の方針を考えるために役立つデータも取得できます。こちらでは、レジ締め作業の目的や内容、手順などをご紹介します。

レジ締め作業の目的

レジ締め作業は、1日の売り上げとレジ内にあるお金の計算が一致するかを確かめるために行います。レジ打ちやお釣りの受け渡しの際にミスがあっても、レジ締め作業で気づくことができます。

レジ締め作業を行わなければ売り上げの正確な把握ができず、レジ業務のミスがいつ発生したかの特定が難しくなります。また、経営者の場合、レジ締めにて判明した売り上げデータをもとに、次の戦略を練ることも大切です。店舗運営では欠かせない業務のひとつといえます。

レジ締め作業の具体的内容

レジの中にある現金を数える

お客様から受け取った代金やレジ内のお釣りを合計します。同じ硬貨や紙幣は、金種別にひとまとめにしておくと効率的です。基本的には10枚で1セットにすると数えやすいでしょう。

数え終わったら、レジにある現金の合計から、開店前の釣銭の合計を引きます。これにより、1日で現金がいくら増えたのかが分かります。

現金で支払われた売り上げとキャッシュレスで決済された売り上げを合計する

キャッシュレス決済対応の店舗の場合、現金のみを精算しても正確な売り上げの計算にはなりません。現金を使わずキャッシュレス決済で会計を済ませるお客様もいるためです。現金にプラスして、クレジットカードや電子マネーなど、キャッシュレス決済で記録した売り上げを数えましょう。

売り上げデータと照らし合わせる

レシートやノートなどに記録した1日の売り上げと比較します。記録と売上金額が一致していれば問題ありません。一致しなかった場合は再度計算を行い、金額を照合します。複数回計算しても一致しないときはレジ業務でミスが起こった可能性があるため、原因を追究します。お釣りの渡し間違い、誤った額の代金受け取りなどがなかったかチェックしましょう。

翌営業日用の現金をレジにしまう

お客様にお釣りを渡せる分の現金をレジに戻します。多くなった現金はレジから取り出して別のところに移すと良いでしょう。前日分の現金をすべて残しておくと、キャッシュドロアからあふれてしまうこともあるためです。防犯面を考慮しても、手元には必要最低限のお札や小銭のみを残しておくことがおすすめです。取り出したお金は、銀行に預ける、金庫にしまうなどの方法で管理しましょう。

レジ締め作業で考えられる課題と解決策

レジ締め作業は負担が大きくなりがちです。業務効率に関する悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。まずは課題を洗い出し、それぞれに合う解決策を打ち出すことが大切です。こちらでは、レジ締め作業にて起こり得る問題や基本的な対処法をご紹介します。

課題

作業者の負担が大きい

レジの締め作業は閉店後に行うケースが多くなります。レジ締め作業中はレジが利用できず、会計業務が進まなくなるためです。そのため、閉店後の遅い時間から作業を開始する場合もあります。レジ締めで現金過不足が発覚したら、対応のために遅くまで残業するケースも見られます。作業者の拘束時間が増え、負担も大きくなるのが難点です。

人為的なミスが起きやすい

レジ締めの際は、お金や売り上げを集計する作業が発生します。人の手で集計すると、数え間違いなどのミスが起きる可能性があります。せっかく確認作業をしても、計算間違いが起きてしまうと意味がありません。

作業工数がかかる

レジ締め作業には正確な計算が求められます。もし数え間違いや売り上げ計算違いがあったらやり直しが発生します。締め作業の結果を記録用紙に手書きしている場合は、記入作業に時間がかかることも。工数が多いと、従業員への負担も増えてしまうでしょう。

解決策

ミスが起きづらくなるようなルールを定める

レジ締め作業の際にお金が合わないのは、人為的なミスが原因であることが多いとされています。お釣りの渡し間違いや現金の数え間違いなどのミスを防ぐためには、ルールを設けることがおすすめです。ミス防止の仕組みを設けることで、従業員の負担を減らす効果が期待できます。ルールを徹底させるためにマニュアルにまとめて、従業員全体に周知しましょう。

売り上げ集計機能を使って作業時間を短縮する

レジの種類によっては、会計した合計を売り上げとして自動的に集計してくれる機能があります。1日で記録した売り上げを瞬時に計算して合計を出してくれるため、締め作業にかかる時間を大幅に削減できる点がメリットです。

売り上げ集計機能は多くのPOSレジに搭載されています。レジ締め作業の短縮やミス防止にはPOSレジを導入することがおすすめです。

POSレジを導入して実現できること

POSとは、「Points of Sales」の略称です。従来のレジスターとは異なり、顧客情報や販売情報などのデータを蓄積し、管理できます。搭載されている機能を活用することにより、レジ締め作業の効率化も可能です。最後に、POSレジ導入により実現できることをご紹介します。

売り上げの分析

POSレジは日々の売り上げのデータを記録できます。販売した商品や金額、購入した顧客の情報、取引のあった日時など、記録できる内容は多岐にわたります。収集したデータは品目別や時間帯別などで分析が可能です。今後の運営戦略に活用できるでしょう。

会計する値段の商品と登録

POSレジには販売する商品と値段を事前に登録できる機能があります。会計の際は登録した商品と個数を選択するだけで合計金額を入力できます。レジの会計業務の効率化につながる上、従業員のレジ操作ミスも起きづらい点が魅力です。

在庫管理

在庫管理ソフトとPOSレジを連携させると、効率的に在庫管理ができます。会計を行うレジと連携してリアルタイムで在庫状況を反映することも可能です。現時点での在庫状況をもとに、売り場の配置を速やかに変更することもできるようになります。また、在庫に関するデータも集計できるため、原価や粗利などのコスト管理もしやすくなります。

こちらの記事も参考にしてみてください。

レジ締め作業の効率化には「ユビレジ」がおすすめ

レジ締めは重要な業務ですが、担当者への負担が大きくなることがあります。効率化を図るなら、POSレジを導入することがおすすめです。POSレジの機能を駆使することで、適切な金銭管理を簡単に行えるようになるでしょう。

POSレジの導入を検討中なら、ぜひユビレジをお試しください。ユビレジは、iPadへインストールして使えるPOSレジアプリです。通常の会計業務はもちろん、売り上げ管理や在庫管理、顧客データ管理なども行えます。多彩なデータを一元管理し、分析することで、経営指針の決定にも役立てられます。iPadの画面をタッチして操作できるため、スマホやタブレットに慣れている方ならスムーズに操作を覚えられるのも魅力です。必要な費用や用意すべき周辺機器など、ご不明点があればお気軽にお問い合わせください。