個人事業主が屋号を付けるメリットは?登録・変更方法と注意点

開業・経営

屋号とは個人事業主がビジネスシーンで用いる名称のことです。事業所名や店名、ブランド名を屋号に付けるパターンが多く見られます。屋号登録には複数のメリットがあるため、独立やフリーランスへの転向などをお考えの方は、ご自分の好きな屋号を決めておくと良いでしょう。ただし、屋号には使用できる文字や単語が限られているため注意が必要です。今回は、個人事業主が屋号登録するメリットや、登録・変更手続きの方法、屋号を決める際のポイントなどをご紹介します。

個人事業主が屋号を登録するメリット

屋号名の利用は必須ではないものの、登録しておくことで複数のメリットが生じます。経費管理や会計処理などの手間を軽減し、事業の信頼性を高めたい場合は、屋号を定めておくと良いでしょう。

屋号付きの銀行口座を開設できる

個人事業主のなかには、個人口座で事業用の資金を管理しているケースがあります。屋号を取得しておくと、銀行によっては「屋号+個人名」の名義で口座を作れるようになります。屋号付きの口座をビジネス用クレジットカードの引き落とし先に設定することも可能です。事業用とプライベート用の口座を分けて運用できるため、事業に関する経理上の管理を行いやすくなるでしょう。

相手から社会的信用を得やすい

登録した屋号は見積書や契約書などに記載することができます。個人名だけより屋号が含まれていたほうが事業主として信頼されやすい傾向があるといえます。また、屋号に事業名やサービス名を入れておくと相手に事業内容が伝わりやすい点もメリットのひとつです。事務所名や店舗名などと屋号を同じものにすることもできます。

姓の変更時に手間が少なくて済む

登録した屋号は見積書や契約書などに記載することができます。個人名だけより屋号が含まれていたほうが事業主として信頼されやすい傾向があるといえます。また、屋号に事業名やサービス名を入れておくと相手に事業内容が伝わりやすい点もメリットのひとつです。事務所名や店舗名などと屋号を同じものにすることもできます。

また、ペンネームや芸名のように本名とは別の名前で事業を行っている場合も、屋号を登録しておくと便利です。上述のような姓の変更時の手間が軽減されるほか、長期間の実績をアピールする際にも役立ちます。

個人事業主が屋号を登録するときの注意点

取引先にアピールしやすい屋号を設定すれば、顧客獲得につなげることも可能となります。ただし、屋号は法律で定められたルールに則って作成することが大切です。決め方に迷ったら、以下のポイントに注目してみましょう。

屋号に使用できない単語や文字がある

屋号で使える文字は漢字、ひらがな・カタカナ、ローマ字、アラビア数字、一部の記号のみです。使用できない文字があるため気をつけましょう。主な例は以下の通りです。

上記に加え、会社、法人、コーポレーションなど、会社と誤解される可能性のある単語の使用は禁止されています。屋号はあくまでも個人事業主が名乗るもので、法人の付ける会社名とは異なるためです。また、一般社団法人、医療法人、学校法人など、法人を示す名称の使用も法律で規制されているため注意が必要です。社名だと誤認されるものは避けるように気をつけましょう。

既に登録されている屋号は避ける

法律上、他の個人事業主と屋号が被ることは問題ありません。屋号の重複について、法律の拘束力がないためです。ただし、屋号が商号登記または商標登録されていた場合は権利侵害にあたります。

他の個人事業主と同じ屋号を使っていると認知されにくい可能性もあるため、できれば既存の屋号との重複は避けましょう。付けようとしている屋号と同じ名前が存在しているか、インターネットで検索することがおすすめです。

事業内容が分かる名前にする

○○Webデザイン、○○コンサルティング、○○ベーカリーなど、ひと目見ただけで事業内容がすぐに分かる屋号が理想とされています。屋号を見て仕事を頼むかどうかを判断する人もいるためです。屋号の分かりやすさが仕事の獲得につながることもあるため、事業内容に合わせたものを考えてみましょう。また、都市名を屋号に入れて地域に向けたアピールをする方法もあります。

読みやすい名前を選ぶ

屋号は多くの人の目に留まる可能性があります。屋号の認知度が仕事につながるケースもあるため、読みやすい名前を選ぶことがおすすめです。馴染みの薄い単語を使うなど、見て分かりづらい屋号は広まりにくいと考えておきましょう。

個人事業主を始めるなら屋号を決めておくことがおすすめ

屋号を届け出しておけば、事業用口座開設が可能になったり、ビジネスシーンでの印象が向上したりといったメリットが得られることがあります。基本的には開業届に記載するだけで登録できるため、手続きの手間もかかりません。ただし、屋号の作成にあたっては、いくつかのルールを守る必要があります。顧客へのアピールにつながりやすい名前にすることも重要なポイントです。ご紹介した屋号の付け方も参考にして、事業の利益向上につながる屋号を設定しましょう。