小売店の集客力をアップする方法|購買意欲と店の認知度を高めるには

小売店

小売業界は、ECの台頭や新型コロナウイルスの影響もあり、集客に課題を抱えている店舗が多い傾向にあります。新商品の開発や店舗改革に取り組んでいるものの、消費者のニーズを把握できておらず、集客につながっていないケースも少なくありません。そこで今回は、小売店の集客力をアップする方法をご紹介します。顧客の購買意欲と店の認知度を高め、継続して来店したいと思ってもらえる店づくりを目指しましょう。

小売店の集客力をアップさせるために必要な準備

実施したマーケティング戦略が最大限の効果を発揮し、売上のアップや優良顧客の獲得につなげるには、事前の準備が欠かせません。最初に、具体的な販売促進活動(販促)に移る前の準備についてお伝えします。

ターゲット層を絞る

まずは、商圏分析で得た情報も参考にしながら、訴求すべきターゲットを絞っていきましょう。商圏とは、店舗に集客できる顧客の生活範囲のことです。ターゲット層を絞ることで、商品やサービスが誰に向けて提供するものなのかが明確になり、アプローチの手法や情報発信の媒体を最適化できます。具体的な顧客のペルソナを想定し、効果的な施策を模索していくと良いでしょう。

カスタマージャーニーを想定する

カスタマージャーニーとは、顧客が商品やサービスについて知ってから購入に至るまでの道のりのこと。ターゲットが実際に来店して購入に至るまでに、どういったストーリーがあるのかをイメージしましょう。どのようにして店舗のことを知り、どういった状況で購買に至るのかなどを考えていくことで、どのタイミングでアプローチすれば具体的なアクションに移してもらえるのかが判断しやすくなります

競合店の存在を把握する

自店舗の周辺で似たような商品やサービスを提供している店があるか調べることも重要です。もし競合店がある場合は、店の特徴や強みが何なのかを調査しましょう。実際に他店に足を運び、顧客目線で商品やサービスに触れてみるのも効果的です。自分の店舗と比べて改善できる点や、強調することで差別化できるポイントが見つかる場合もあります。

データの収集やデータ分析ができるツールの導入を検討する

集客力向上の施策を実施したら、効果測定をして振り返ることが大切です。どの程度の集客効果があったのかを確かめて改善点を見つけ出すことで、より良い施策を行えます。データの収集と分析を行う際は、POSレジの活用がおすすめです。会計時に顧客情報の収集を行い、集まったデータをもとに分析ができます。複数店舗を展開している企業でもデータを一元化できるため、店舗や地域ごとの購買行動の変化も比較しやすくなります。

顧客からの認知度を高めて小売店の集客力をアップする方法

自社を知らない方に新規顧客として来店してもらうには、オンラインとオフラインの施策を組み合わせて消費者からの認知度を高める必要があります。ここでは、消費者の認知度アップにつながる集客施策をご紹介します。

チラシの配布

チラシの配布方法には新聞折込やポスティング、通行人への直接配布などがあります。デジタル広告と比べて多くの情報を掲載しやすく、配布後すぐの来店が期待できる即効性の高い集客方法です。商圏内の人に届くように配布するエリアを決めると良いでしょう。チラシの内容は、見た人が店舗へ行きたくなるような工夫を施すことが大切です。具体的には、写真や絵などを活用し、店の特徴やおすすめ商品が伝わる内容を心がけましょう。

看板の設置

看板は、通行人にアピールできる手段のひとつです。効果的に活用すれば店舗の魅力を多くの人に伝えることができます。店で何を売っているのか、どういった体験ができるのかなどが伝わるように工夫しましょう。通行人は、歩きながら看板を確認することが多いため、大きな文字や写真を活用して視認性を高める必要があります。

Webサービスの活用

SNSアカウントやホームページなどの運用で、検索にヒットしたユーザーの流入を狙う集客方法です。日常的にスマホを利用することの多い、若年層をターゲットとしている店舗に特におすすめします。TwitterやInstagramなどのSNSは、口コミの投稿やユーザー間での拡散を期待でき、低コストで運用しやすいのがメリットです。有料のSNS広告を配信すればフォロワー以外のユーザーにもアプローチでき、新規顧客の獲得につながります。

また、店舗の公式Webサイトでは、品揃えやキャッシュレス決済への対応の有無など、詳細な情報を載せて魅力を伝えましょう。チラシや看板には掲載しにくい情報も発信しやすいのが特徴です。ただし、検索結果で上位表示を狙うにはSEO対策が必要となるため、長期的な視点での運用が求められます。SNSアカウントやホームページなどを運用する際は、こまめに更新して継続的な情報提供を心がけましょう。

そのほかには、Googleビジネスプロフィール(旧:Googleマイビジネス)の利用も有効とされます。Googleビジネスプロフィールは、無料で利用できるビジネスオーナー向けのサービスです。店舗情報を登録すると、Googleマップや検索結果に住所や店名、営業時間などを表示できます。写真の投稿機能もあり、店舗の雰囲気を伝える際にも便利です。

顧客の購買意欲を高めて小売店の集客力をアップするアイデア

消費者の来店を直接的な売上や再来店に活かすには、購買意欲を刺激するプロモーションを打ち出すことが大切です。ここでは、顧客の購買意欲を高めて小売店の集客力をアップさせるコツをご紹介します。

セール特売の実施

普段と比べてお得に商品を買えるセールや特売などのイベントを実施して集客アップを狙う方法です。夜間や早朝など、時間帯を決めたタイムセールを実施することも多い傾向にあります。例えば、夜間のタイムセールで昼間は来店が難しいビジネスパーソンや学生などの集客を目指す方法や、早朝タイムセールで通勤・通学のついでに立ち寄るお客様の数を増やす方法などが考えられます。特定の時間帯に絞ったイベントを実施するのが難しい場合は、DMなどでクーポンを配布し、来店意欲を高める方法も良いでしょう。

売り場の動線や内装を改善

商品や販売価格が魅力的であっても、売り場の動線が悪いと手に取ってもらえない可能性があります。定期的に顧客目線で見直しを図り、レイアウトを変更していくことが大切です。また、POPやボードなどを活用し、商品の魅力を伝える場を設けることもおすすめです。定期的に売り場を模様替えすることでお客様に真新しい印象を与える効果も期待できます。

商品や店舗の特性に合わせて最適な集客方法を選択しよう

今回は、顧客の購買意欲や認知度を高め、小売店の集客力を向上させる方法を解説しました。小売店のマーケティングでは、ターゲット層に合わせた施策を打ち出す必要があります。来店した顧客の分析を行い、最適な集客方法を選択しましょう。

顧客データの収集と分析の第一歩には、ユビレジの導入がおすすめです。ユビレジは、iPad端末で操作できるPOSレジアプリです。基本となる会計機能のほか、売上分析やリアルタイムでの商品管理、顧客データ収集などの機能が搭載されています。まずは無料お試しプランで、使用感をお確かめください。