売上管理を効率化するPOSレジの機能は?売れ行き把握が重要な理由

飲食店

店舗の売上管理の効率を高めると同時に、より的確な経営改善の策を打ち出すためには、POSレジを使うことがおすすめです。POSレジには多彩な機能が搭載されており、売上管理に大きく貢献してくれます。使いたい機能の備わったPOSレジを導入し、データの有効活用による売上アップを目指しましょう。今回は、POSレジの使い道やメリット、売上管理に役立つ機能、売上管理の重要性などについてご紹介します。

POSレジの基礎知識

POSレジは、会計をはじめとする業務の省力化を図れる便利なツールです。飲食業や小売業など、幅広い業種にて使われています。POSレジの特徴や、POSレジを使ってできることなどを確かめておきましょう。

POSレジとは

POSレジは、商品の会計機能のほかに、購入時の商品やお客様の情報を記録できるレジです。いつ、誰が、どのような商品を、いくつ購入したのかを記録し、管理することができます。POSは「Point of Sale」の略称で、販売時点情報管理という意味があります。

POSレジには複数の製品が登場しており、ターミナル型やパソコン型、タブレット型などのタイプに分けられます。それぞれ異なる特徴があり、店舗によって向いている形も変わります。基本的に、ターミナル型POSレジは大型になるため、スーパーマーケットのように会計場所が広い店におすすめです。スペースを確保しにくい場合は、パソコン型やタブレット型が適しています。

POSレジがよく使われている業種と使い道

・飲食業

レストランやカフェなど、飲食店の会計でPOSレジが使われていることがあります。商品の情報を登録しておくことで、金額を手打ちせずに会計処理が行えます。混雑時の会計時間を短縮できる点がメリットです。

小売業

小売業では、POSレジを使って在庫管理をしている店が多く見られます。商品のサイズや色など、細かく分類した状態での在庫管理も可能です。購入履歴を記録して売れ行きの調査もできます。

・サービス業

美容室やサロンでもPOSレジが使われています。顧客情報を記録して活用することで、一人ひとりに合ったサービスを提供できるメリットがあります。データを活用できれば、顧客満足度の向上も実現可能です。予約サイトと連動して、スムーズな予約管理を実現するPOSレジもあります。

POSレジでできること

売上管理

売上管理とは、売上情報を定期的に分析することです。店舗経営において重要な要素のひとつとされます。売上管理をすることで、経営上の課題や改善策などが見えてきます。

売上管理の際は、詳細な売上データを求めることが重要です。日次や月次などの期間で区切り、収支をまとめていきましょう。ただし、こういった作業は手間と時間を要します。すべて手作業で行うと、担当者にとっては大きな負担となってしまうことも。POSレジを使えば、売上集計や販売管理などを自動化できます。うまく活用して、売上管理を効率化しましょう。

POSレジなら、どの商品がいくつ売れたかを、すぐに集計できるようになります。集計によって店舗の売上が可視化されるため、売れ筋商品の把握や在庫数の変動などがわかりやすくなります。継続して行うことで、日々の売上の推移を把握できる点もメリットです。

また、POSレジによっては、商品別や曜日別、時間帯別で売上を確認する機能もあります。例えば、売上情報を可視化して忙しい曜日や季節がわかれば、一定期間のみ人員を増やして対応することが可能です。人手不足によって逃していた販売機会の損失を防げるようになります。反対に、人手が多すぎるところは別部署へ回し、無駄な配置を減らすといった采配も行えるでしょう。

・顧客管理

POSレジを使うと、会計の際にお客様の情報を登録することができます。お客様の年齢層や購入した商品、来店履歴など、設定した項目を記録することが可能です。蓄積した顧客データは、客層ごとのプロモーションやリピーター獲得の戦略立てに活用できます。

・キャッシュレス決済を使った会計

POSレジはクレジットカードや電子マネー、QRコードなど、さまざまなキャッシュレス決済に対応している機種が多くなります。キャッシュレス決済に対応することで現金のやり取りが減って受け取るお金やお釣りの確認作業が省けます。会計作業にかける時間を短縮することができるでしょう。

売上管理に役立つPOSレジの機能

POSレジは会計処理を行うだけではなく、商品管理や在庫管理、顧客管理などの機能を持ちます。売上管理においては、データの自動集計や分析といった機能が活躍するでしょう。こちらでは、売上管理に関するPOSレジの機能について解説していきます。

売上の自動集計

POSレジを活用することで、売上管理を自動化できます。収集した売上情報は自動計算してくれるため、手作業で売上を計算する必要がありません。作業にかける工数が減り、業務の効率化につながります。手作業のときと比較して、計算ミスの心配がほとんどない点も魅力です。

売上に関するデータの分析

POSレジには、集計したデータを分析する機能が搭載されています。グラフや表など、データをわかりやすい形にまとめられるものもあります。簡単に現状の課題を明確化しやすくなることが大きなメリットです。

売上データの数値を見るだけではわかりにくい問題点も、分析機能の利用により、明らかにできることがあります。課題がはっきりとすれば、より具体的な解決策を導き出すことが可能です。店舗運営の指針決定に役立つでしょう。

複数店舗の売上管理

店舗を複数展開している場合、各店舗で売上管理が必要になります。店舗ごとに集計した情報を集め、さらに分析するといった作業が発生することも。また、店舗が多いと、分析結果の周知と改善案の策定、通達などに時間がかかります。施策の有効なタイミングを逃し、機会損失を招いてしまうケースも考えられるでしょう。

POSレジを使えば、売上に関する情報を一元管理できます。各店舗の売上状況をリアルタイムで確認し、集計・分析することも可能です。多くの手間がかかっていた複数店舗間の売上管理も、スマートにこなせるようになるでしょう。

店舗経営において売上管理が重要な理由

店舗経営を行う上では、売上管理の重要性について理解しておくことが大切です。最後に、適切な売上管理を行うことで、どういったメリットが得られるかを解説します。

売上や利益がどのくらい上がったのかを把握するため

売上アップや利益率の向上を目指すためには、適切に売上を管理することが重要です。「売上が下がった」「利益が伸びない」など、店舗経営に関する問題が生じた場合、売上管理によるデータ活用で理由を把握しやすくなります。

具体的な数値にもとづく分析結果がない場合、体感や経験則のみで改善策を練ることもあるでしょう。それだけでも効果的な施策が実施できることはありますが、より精度を高めるためにはデータを利用することがおすすめです。売上管理による分析で、今まで見えていなかった問題が洗い出される可能性もあります。そういった部分にも焦点を当てることで、的確な改善策を実施できるようになるはずです。

店の強みを明らかにするため

売上管理を続けると、特定の商品が売れている、とある客層のお客様が多いなど、特定の傾向が見えてくることがあります。売れ行きが良い部分は店の強みになり得ます。強みがわかれば、さらに伸ばすための戦略も立てられるようになるでしょう。

今後の販売戦略を計画するため

売上管理をすることで、現状の課題や目標までの到達点などが明らかになります。課題の改善や目標の達成を実現するための戦略も策定できるようになるでしょう。

店効率的な売上管理のためにPOSレジを活用しよう

売上管理は重要な業務である一方で、データの集計や分析などに相応の労力が求められます。POSレジを活用して面倒な部分を自動化し、売上管理の効率を高めましょう。

売上管理に役立つPOSレジアプリをお探しなら、ぜひ「ユビレジ」をご利用ください。ユビレジは、iPadにインストールして使うタブレット型のPOSレジです。見やすい画面表示と、簡単な操作が魅力のひとつ。普段お使いのスマートフォンやタブレットのように、気軽に操作できます。

ユビレジによって記録されたデータは、リアルタイムで更新されます。データ分析結果はWeb管理画面にて閲覧可能です。複数店舗でご利用の場合は、店舗ごとの分析データも確認できます。日別、月別、店舗別、商品別など、多彩なカテゴリごとに分析でき、情報の可視化を実現します。売上管理システムだけでなく、勤怠管理システムや在庫管理システムなどとの連携も可能です。詳細についてはお気軽にお問い合わせください。