集客の悩みを解消するために見直すべきポイントや改善のコツ

開業・経営準備

すべてのビジネスにおいて、集客は優先順位の高い課題の一つです。しかし、一言で「集客の悩み」といっても、その原因と対処法はさまざまです。
集客の方法自体がわからない場合もあれば、集客自体は成功しているのに売り上げにつながらないという悩みを抱えている方もいるでしょう。そこで今回は、集客の悩みを解消したい方に向けて、集客に関するよくある悩みと問題点、解決法などを記事の中で紹介します。

集客に関するよくある悩みと問題点

集客に関する代表的な悩みを3つ挙げるので、自社や自店に当てはまる点があるか確認してみましょう。

集客方法がわからない

「そもそも集客方法がわからない」「どのような集客方法があるのか知らない」といった悩みは、経営を始める前や直後のタイミングで抱いてしまいがちです。ただ、わからないからといって集客方法を確立しないまま業務を優先すると、どんなに良い商品やサービスを提供しても顧客の利用につながらず、売り上げも伸びないという悪循環に陥るリスクが高まります。そのため、まずは自社や自店のユーザー像(ペルソナ)を明確にし、効果的な集客方法を考える必要があるでしょう。

集客しても人が集まらない

集客のための施策が成功していないケースです。自社や自店のビジネスに合った集客ができておらず、顧客のニーズにあった集客が実現できていない可能性が高いでしょう。顧客の分析が間違っている場合は、まずターゲットユーザーを明確にする必要があります。また、競合他社との差別化ができていない場合、ほかの店へ顧客が流れてしまうこともあります。自社や自店を選んでもらえるような強みを作ると集客効果が高まり、来店の後押しになるでしょう。

集客できても売上につながらない

集客のための施策で効果は出ているものの、売り上げにつながらないケースもあります。この場合は、購入見込みの低い顧客が集客されている可能性があります。自社や自店のターゲットユーザーに対して適切にアプローチできているかどうかを再検討する必要があります。

集客の悩みを解消するためのチェックポイント

集客の悩みを解消するためのキーワードは「ターゲット設定」です。「どのような人を集めたいか」というゴールを明確にしたうえで、集客方法や商品、サービスの見直しなどを実施していきましょう。

1.ターゲット設定の見直し

ターゲット設定が誤っている場合、集客方法やメッセージがずれてしまっている可能性があります。
ターゲットユーザーのイメージをできるだけ具体的にするのがおすすめです。年齢や性別以外にも、次のようなことをイメージしてみましょう。

  • 職業
  • 収入
  • 居住地
  • 価値観
  • 家族構成
  • 悩み
  • 願望

2.集客方法の見直し

ターゲットの具体的なイメージを設定できたら、今の集客方法が適しているかを見直しましょう。

ターゲットユーザーがどのような行動をする人なのか、また、どのような店に出入りする人なのかをイメージします。そうすることで、自社製品やサービスを必要とする人の行動パターンが読みやすくなります。

ほかにも、ターゲットユーザーが興味を持ちそうな分野や、利用していそうなSNSなどをチェックして、行動をイメージすると良いでしょう。自社や自店のWEBサイトにブログを開設し、コンテンツを作成することで集客アップを狙うという方法もあります。

3.サービス内容の見直し

代の消費者は、自らインターネットで情報を収集し、より良いものを選んで購入する傾向があります。ターゲットのニーズに応えていなければ購入には至りません。どうすれば満足してもらえるかを考えることが大切です。

集客の悩みを解消するコツ

集客の悩みを解消するためには、施策の実行と改善を繰り返していく必要があります。ここでは、具体的な施策とポイントを4つ紹介します。

テストマーケティングを実施する

「助成金」と「補助金」は同じような意味に感じられますが、厳密には異なります。
テストマーケティングとは、商品やサービスを試しに販売することをいいます。ターゲットのニーズを把握したり、売り上げの予測を立てたりするのに役立ちます。

自社の強みを追求する

テストマーケティングの結果を参考に、自社や自店の商品、サービスの強みを追求しましょう。集客媒体選びやキャッチコピーの制作に役立ちます。アンケートやレビュー投稿を購入者に依頼すれば、リアルな声が聞けるのでおすすめです。
また、競合他社の特徴や市場動向などもチェックします。他社と比較することで、自社の強みや魅力、メリットなどが見えてくるでしょう。

SNSで拡散する

いえます。SNSの投稿を見た顧客自身が、さらに投稿を拡散してくれる効果も期待できます。ただし、SNSの種類によってユーザーの属性や集客のコツは異なります。ここで、代表的なSNSと集客のポイントを紹介します。

Twitter

即時性と拡散力が高いのがTwitterの特徴です。気に入った情報や有益な情報を、リツイートという機能を使ってユーザーが一気に拡散してくれます。誰かに教えたくなるような内容を心がけて、1日に複数回ツイートするのが効果的です。

Instagram

比較的若い女性をターゲットとする商品やサービスの集客に効果的とされています。写真で魅力を伝えやすい商品やサービスのプロモーションに適しているといえるでしょう。「インスタ映え」といわれるような魅力的な写真と、検索されやすいキーワードをつけたハッシュタグ(#○○○)を活用すると注目が集まりやすくなります。

Facebook

実名で登録するため、詳細なターゲティングが可能な点がFacebookの大きなメリットです。情報に対するユーザーの信頼度が高く、見込み客の獲得につながりやすくなります。

LINE

LINEは日本で広く使われているSNS・メッセージアプリです。チャット形式でリアルタイムに会話をするようなコミュニケーションが可能で、メルマガよりも高い開封率が見込めます。また、「LINE公式アカウント」を活用すれば、クーポン券の配付やキャンペーンなどの集客施策も効率的に行えるため、飲食店や小売店からも人気のあるSNSです。

YouTube

動画プラットフォームであるYouTubeは、文字や写真で紹介するよりも、動画の方が魅力を伝えやすい商品やサービスのプロモーションに向いています。

【出典】「令和2年 通信利用動向調査報告書(世帯編)」(総務省)

https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/pdf/HR202000_001.pdf

特典やキャンペーンなどのプロモーション施策を実施する

無料体験やプレゼントキャンペーン、お試し価格での販売といったプロモーション施策も集客におすすめです。付加価値をつけることで、購買行動の促進効果を得られやすくなるためです。特典やキャンペーン利用を理由に来店しようと考える消費者もいるでしょう。

業態別の集客の悩みを解決するアイデア

ここからは、集客の悩みを解決するアイデアを業態別に紹介します。実店舗の集客では、既存顧客との信頼関係を構築し、良い口コミを広げてもらう仕組み作りが大切です。

飲食店の集客アイデア

店舗発信の情報に加えて、口コミ情報を活用するという選択肢があります。お店選びをする際に、口コミやレビューを確かめる人が多いため、特にネット上の口コミは大事です。

口コミの内容をコントロールすることは難しいため、来店客に口コミの投稿を依頼すると良いでしょう。口コミを行った顧客には次回使用できる割引クーポンを配布するなど、顧客へのメリットを考えることも重要です。

小売店の集客アイデア

店舗周辺の地域に住んでいる人に利用してもらえる施策を打つと良いでしょう。店舗の存在を知ってもらうための看板などが有効です。また、店舗を訪れたいと思わせる内容のチラシを街頭で配ったり、ポスティングしたりするのもおすすめです。セール情報の掲載や、チラシ持ち込みで受けられる特典を設けるなどの施策も有効です。

美容院・サロンの集客アイデア

SNSやホームページを活用し、美容院やエステサロンのサービス紹介ができると良いでしょう。店舗で実施しているサービスを掲載内容からイメージする人が多いからです。美容師やセラピストの写真を掲載するのもおすすめです。

新規顧客をリピーターに変えるための施策も行いましょう。来店後にお礼メールやDMを送信するほか、定期的にメルマガを配信するなどの手法も効果的です。

「どんな人を集めたいか」をイメージした施策が重要

集客をするうえでメジャーな施策は「広告」でしょう。しかし、ターゲットユーザーが存在しない場所に広告を展開しても思うような成果は得られません。「どんな人を集めたいか」を意識し、ターゲットユーザーが多く集まる媒体にアプローチすることを心がけましょう。

《関連記事》