安全在庫と適正在庫の違いは?計算方法や在庫を確保するメリット

小売店

ECサイトを含む小売業で特に注意しなければならないのが「安全在庫」の確保です。安全在庫を理解し、適切に確保することが売上の安定・向上はもちろん、物販に関わる多くの企業のリスク対策としてもとても重要なポイントです。

本記事では、安全在庫の考え方と計算例などの基本的な知識を解説します。正しく安全在庫について理解を深め、普段の発注業務やECサイト運営に生かしましょう。

安全在庫とは

安全在庫の基本情報について把握しましょう。また、しばしば安全在庫と混同されることがある「適正在庫」との違いも紹介します。

安全在庫とは

安全在庫は在庫管理における指標の一種です。突発的な注文などに対応できる「通常在庫とは別に備える在庫」という意味で、英語では「Safety Stock」といいます。突発的な注文の例は以下の通りです。

  • 季節的な理由による需要増
  • メディア掲載による需要増
  • 月内の需要の変動

安全在庫を適切に管理できれば、通常の需要予測では対策が難しい上記のような需要変動が発生したとしたとしても、欠品による販売機会損失をある程度、防止することができるのです。また、「入荷の遅延」といったトラブルのリスクヘッジとしても安全在庫は重要な役割を担っているのです。

適正在庫との違い

適正在庫は「過剰にも欠品にもならないバランスが取れた在庫」という意味です。安全在庫と似たような指標ですが、その目的は明確に異なります。

  • 安全在庫の目的:欠品防止
  • 適正在庫の目的:企業利益の最大化が目的

あくまで「欠品防止」が目的の安全在庫と異なり、適正在庫は在庫の保管コストやサイクル在庫まで考慮したうえで、事業利益が最も大きくなる在庫数を示すのです。つまり、適正在庫は安全在庫とその他の指標を総合的に判断し、機会損失とコストのバランスが優れた「多すぎず少なすぎない」在庫数を計る指標といえるでしょう。

適正在庫については、以下のページで詳しく解説しています。安全在庫は適正在庫を算出する際の要素の一つです。また、適正在庫は小売や製造業を問わず、在庫を抱える仕事においてはとても重要な知識なのでぜひチェックしみてください。

「店舗経営で重要な適正在庫とは?計算方法や維持するためのポイント」
https://recipe-book.ubiregi.jp/articles/proper_stock/

安全在庫の計算方法

安全在庫の計算方法について実際の例を挙げながら解説します。計算に必要な要素を把握して実際に自社に置き換えて実践してみましょう。

安全在庫の計算式

安全在庫の計算式は以下の通りです。

「安全係数」×「使用量の標準偏差」×「√(「発注リードタイム」+「発注間隔」)」

それぞれの要素は、各々で計算しなければ導き出すことはできません。各要素の意味と算出方法について以下で解説します。

  • 安全係数の算出方法

安全係数(安全在庫係数)は、欠品のリスクを許容できる割合である「欠品許容率」に対して設定されてる「係数」のことです。例えば、欠品許容率が2%の場合は100回の欠品のうち2回は許容できるという意味になります。欠品許容率が明らかになれば、表計算ソフトの以下の関数を利用して安全係数を求められます。

安全係数=NORMSINV( 1 – 欠品許容率)

また、一般的に使用されている値に当てはめることでより簡単に安全係数を把握できます。

欠品許容率(%)安全係数
0.13.10
1.02.33
2.02.06
5.01.65
10.01.29
20.00.85
30.00.53

「欠品を許容したくない」という在庫管理の方針が強まるほど、安全係数も大きくなります。欠品を許容する範囲については、過去のデータなどを参考に決定します。

  • 標準偏差の算出方法
    • ∟標準偏差とは需要のばらつきの大きさを表したもの
    • ∟ばらつきが大きいものは安全在庫を多く、小さいものは少なく持てば良い
    • ∟標準偏差を算出するにはまず日々の出荷量の平均値を算出する
    • ∟「{(各日の出荷量)-(平均値)}2」の和を日数で割る

標準偏差は「データのばらつき」の大きさを表したもので、安全在庫だけでなく、多くのビジネスシーンで活用される指標を求める際に使われています。標準偏差の値が大きいほど、平均値からのばらつきが大きいことを意味します。安全在庫における標準偏差の「ばらつき」の大きさは欠品リスクに直結します。そのため、ばらつきの大きい場合は在庫をより多く抱え、少ない場合はロスを防ぐために安全在庫量も減らす必要があります。

標準偏差は、安全在庫を知りたい「対象の過去の出荷量」の平均値で割って算出できる「分散値」の平方根を求めることで明らかになります。これを計算式で表すと以下になります。

「{(各日の出荷量)-(平均値)}2」の和を日数で割る

また、表計算ソフトの「STDE関数」を使えば簡単に算出できるのでぜひ活用してみてください。

  • 発注リードタイムの算出方法

発注リードタイムとは、在庫を発注してから実際に手元に届くまでの期間のことです。例えば、例えば5月1日に発注して5月7日に届いたらリードタイムは「6日」となります。業種によっては「購買リードタイム」や「調達リードタイム」と表せられるケースもあります。

  • 発注間隔の算出方法

発注間隔とは発注から次回の発注までの間隔を指します。例えば、発注を定期的に週1回行っている場合、発注間隔は7日です。また、発注間隔が不定期の場合は「0日」として計算することも覚えておきましょう。

以上の4つの要素を明らかにできたら、「安全係数×使用量の標準偏差×√(発注リードタイム+発注間隔)」に当てはめて安全在庫を算出しましょう。以下で計算例を挙げるので確認してみてください。

・欠品許容率10%⇒安全係数「1.29%」
・標準偏差「10個」
・発注リードタイム「3日」
・発注間隔「6日」

・安全在庫=1.29×10×√(3+6)=38.7

上記の計算からおよそ39個(小数点切り上げ)の在庫を確保しておけば、90%の確率で欠品を防げることが分かります。

発注点とは

安全在庫が求められたら、次は発注をかけるタイミング「発注点」を明らかにしましょう。発注点は代表的な在庫管理「定量発注方式(発注点方式)」に欠かせない要素です。

安全在庫+平均販売数量×発注リードタイム

発注点をあらかじめ設けておき、在庫がその数量を下回ったら発注するフローを構築できれば、安全在庫を柔軟に確保できるというメリットを得られます。

安全在庫を確保するメリットと注意点

安全在庫を確保することで得られる代表的なメリットを改めて解説します。また、安全在庫の注意点も紹介するのでぜひチェックしてみてください。

安全在庫を確保するメリット

  • 機会損失を防止できる

在庫切れは販売機会の損失に直結します。売上増大、販路拡大などのチャンスを逃さないためにも、安全在庫の確保は欠かせません。また、既存の顧客との取引においても、在庫切れのリスクを減らすことは信頼関係の維持・向上において重要な要素です。

  • キャッシュフローの改善につながる

安全在庫を明らかにしたうえで、適正在庫を算出して管理できれば仕入れと売上のバランスの最適化を図れるためキャッシュフローの改善につながります。

  • 余剰在庫の削減を期待できる

安全在庫を明らかにできれば、欠品防止だけでなく必要以上に在庫を抱えてスペースなどを圧迫するリスクも低減可能です。また、安全在庫を基に適正在庫を求めれば、より余剰在庫の発生の抑止と欠品リスクの低減の両立も図りやすくなります。

安全在庫に関する注意点

「安全在庫に基づいて在庫を管理したとしても、完全に欠品を防ぐことは困難です。欠品を恐れるあまり、在庫を抱えすぎてしまうことは「安全在庫による管理」とはいえず、余剰在庫が発生し、かえって非効率な運営につながる可能性が高まります。そのため欠品を防ぐ仕組みと並行して、欠品が発生した際の対策も講じる必要があるでしょう。

安全在庫を実現したいなら在庫管理システムを導入しよう

安全在庫の基礎知識と計算方法について解説しました。安全在庫は商品や製品によって異なるため、正しく計算して管理するためには在庫管理業務や発注業務そのものの効率化やデータを計測できる環境の構築が欠かせません。

例えばITツール「ユビレジ在庫管理」は、リアルタイム在庫管理やデータの自動集計が可能。また、自動発注アラートも搭載しているので、安全在庫を算出にかかる手間と適切なタイミングで発注しやすくなるというソリューションを実現できます。在庫管理の改善を図る際はぜひ一度、お問い合わせください。